読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

今見ても、その絵柄はモダンかつクール!再評価されるべき漫画~Dr.スランプ~

鳥山明先生と言ったら?」

 

ドラゴンボールでしょ。皆知ってるし、今もアニメやってんじゃん」

「やっぱドラゴンクエストかなぁ。RPGといったらドラクエだし、いまだにシリーズ出てるもんね」

 

あらかたこんな返しになるでしょう。(「貯金戦士キャッシュマンでしょ!」っていう人はいないと思いますが)

 

もちろんもちろん、この二大作品が偉大な作品であるのは疑いようがありません。ドラゴンボールは海外でも人気で、コスプレも多いし、ハリウッドで映画化もされましたね。

ドラゴンクエストは当時社会現象にもなるほど人気で学生が平日に店に並んだり、ドラクエ狩りなるモノも現れました。

 

かくゆう自分もこの二大タイトルにはお世話になりました。

 

しかし、自分より上の世代にはやはりこの漫画を抜きにはできないのではないかと思います。それが今回紹介する『Dr.スランプ』なのです。

Dr.スランプ (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

何を隠そうこの作品が自分が漫画で初めて全巻そろえた思い出の作品なのです、感慨深いなぁ。

Dr.スランプとはいかなる漫画かといいますと、ペンギン村に住む天才科学者則巻せんべいがアンドロイドの開発に成功!アラレと名付けます。(せんべいとあられとか、ドラゴンボールに連なるネーミングセンスがここでも発揮されます。)

アラレちゃんは何の手違いかロボットなのに近視(眼鏡をかけている)で、力が非常に強い(特に戦闘用ではない)。このアラレちゃんを中心に木緑あかねちゃんや空豆タロウ、隣に引っ越ししてきたツンさん一家などのキャラクターとのやり取りや、せんべい博士の発明品でドタバタが巻き起こるなどが基本路線となっており、途中ドラゴンボールへの布石にようにライバルDr.マシリト(モデルの編集者とりしまさんはよくメディアにも出られていますが、似ています(笑))とのバトルもあり非常に読み応えのある作品になっています。

 

僕らの世代は知りませんが、挨拶である『んちゃ!』は流行語にもなったり、通称アラレちゃん眼鏡と呼ばれる大きな眼鏡も流行ったというように、十分大ヒット作の資質をもっています。

 

いったい何がすごいのか、よく語られているのが絵がとにかく繊細だということ。鳥山先生の描く絵は特に機械ですが、実体化したときにきちんと動くような構造をしているそうです。つまり、あるべきところにあるべき装飾、コード、ボタン、ハンドルなどがあるということです。

「キャラクターに手が届くのか」

「ここにボタンがあっても自分で外せない」

といったことまできちんとしているから絵を見ていてもストレスにならないのかもしれません。

昔の漫画は、良くも悪くもまんがまんがしていて、いい意味で「漫画的」だったと思うんですが、そうなってきた業界に再び、もしかしたら初めて『写実的な漫画表現』を持ち込んだのかなぁと思います。ともすれば精密に描かれすぎた鳥山先生の車や飛行機に漫画をイラストとしても楽しむということを教わった気がします。今見ても鳥山先生のイラストは非常にきれいです。アートとしても海外で売れる作品です。

 

Dr.スランプが80年に描かれた漫画だなんて本当に信じられません。今見ても十分にモダンでストレスなく読める絵柄、ストーリーです。名作ここにありです。皆さん、ぜひ読んでみてくださいませ。

 

Dr.スランプ 文庫版 コミック 全9巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

Dr.スランプ 文庫版 コミック 全9巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

 

 

 

でもだけど、だがしかし

ノスタルジーにひたれる、駄菓子をモチーフにした意欲作

コトヤマ:だがしかし

 

 現在30歳を超えた自分は甘いものに目がない、そして毎日のようにチョコレートやクッキー、アイスクリームを買っては食い食べては悔い、日々過ごしています。

だが、しかし!!!

昔あんなに喜んで食べていた駄菓子は全然口にしていません。

ニンジンとか、ヤングドーナツとか、懐かしいなぁ~とは思うけれど、今自由に使えるお金がそこそこあるのにわざわざ100円にも満たないお菓子を買う必要があるのだろうかと。

 

そんなわが身に突如現れたのが今回紹介する『だがしかし』なのです。

ストーリーは駄菓子屋の息子のココノツ君のもとに謎の美女ほたるさんが現れるところから始まります。ほたるさんは駄菓子メーカーの令嬢で、ココノツ君のお店を傘下に引き入れるためにやってきたのです。しかし、ほたるさんの天然さゆえに毎度脱線して駄菓子にまつわる話に終始して毎日が過ぎていきます。

 

面白いのは登場する駄菓子がおなじみのものばかりで、それに関するうんちくも知らないものばかりで新鮮に楽しめるところです。どうやって食べたらかっこいいか、どうやって食べたら最もおいしいか、てゆうかどうやって食べてるの?などなど、ばかばかしくもためになる話題ばかりです。

 

読み進めながら

「あ~、これ膝で割って食べたなあ」とか、

「これ全然当たらねーんだよねー」など、昔子供たちで近所の駄菓子屋に集まってあーだこーだ言ってる風景って、今見られないですしね。コンビニではあのノスタルジックな雰囲気は出ないでしょうね。スーパーやコンビニで、

「あ、駄菓子コーナーあるじゃん、懐かしいなぁ」と思いつつも、なんだか寂しい気がするのは自分だけでしょうか?

漫画『だがしかし』を読んで良き時代に思いをはせてくださいませ。

 

 

 

これだけ情報が乱立しても、歩いていて知ることもある~ちづかマップ~

こんな風に歩くと、世界は広い

 

東京に住んでるとき、日暮里、亀有、下北沢と併せて8年間住みました。富山の田舎は車社会なので、徒歩圏内に店が多くあることもなく、町から町へも大体車での移動になり、歩くという行為はただの近場の移動手段でしかありませんでした。

 

そんな自分でしたが東京に住みようになって電車での移動が多くなり、最初はどこに行くにも電車を使っていましたが、

「日暮里から上野って、電車で4分じゃん、もしかして全然歩けるくらい短いんじゃない?」

と気づきました。そこからは日暮里から上野、神田、銀座くらいまでは歩いて行ったり、亀有から銀座まで歩いたこともありました(4時間以上かかりましたが💦)

下北沢に住んでからは自転車を使うこともありましたが、新宿、渋谷、青山、赤坂、神楽坂などなど、2時間かからない場所くらいまでは散歩を楽しみました。

そんな中何が楽しいかといいますと、新たな発見があるんですね。

「この店いい感じだな」とか、

「こんなところに神社とかあるんだ」とか、

「あ、ここテレビで見た」などなど、それは家と会社の往復だけでは知りえないことだらけで、実際休日にお店に行ってみたり、桜並木を見て帰ったり、神社にお参りしてみたりとなかなかに楽しいものです。

自分の一番のヒットは、赤坂の路地に入った時偶然長野県の小布施のアンテナショップを発見したことです。店員さんと会話して羊羹を買って友達にも勧めて喜んでもらえたのはいい思い出です。

 

こんな街歩きの楽しみを、気軽に味わうのに漫画『ちづかマップ』はいかがでしょうか?

 

地図が好きな女子高生のちづかちゃんが、町を散策しながらガイドブックには載ってないような渋くていい感じの店の紹介(たぬきもなかとか卵焼き美味しそう!)や観光スポットを教えてくれます。(御朱印集めもこの漫画をきっかけに始めました)

 

ほぼ漫画の紹介ではなくて自分の実体験でしたが、漫画ちづかマップもほのぼのとして面白いですし、実際に存在する店や場所なので一緒に街歩きをしてみてはいかがでしょうか?