日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

さまぁ~ずってさ、いいよね

さまぁ~ずっていいよね

 

皆様おはこんばんちは、TOMOです。

突然ですがさまぁ~ずっていいですよね。僕はさまぁ~ずさんが大好きで家にあるさまぁ~ずさん関連のDVDは200近くありますし、夜寝るときはその中から1枚を流しっぱなしにして寝ています。大人気ですし皆さん今更って思うかもしれませんが僕が考えているさまぁ~ずさんの魅力についてまとめます。

 

1・仲が良い

 

よく言われていますがさまぁ~ずさんはとても仲が良いです。ほとんどセットで番組に出ているし、休暇も一緒に過ごすことが多いそうです。二人のトークは周りの人も登場しますが基本的には2者間で成立しておりエピソードも同じです。それを二人の視点から話すことによって面白さが倍増しているのではないでしょうか。さらに相方の悪口で笑いを取ることがほとんどありません。相方のエピソードも周りが不快感なく笑えるほのぼのとしたものが多いです(子供とのやりとりや、高校時代の失敗談など)これが子供から大人、男女変わりなく愛される秘訣ではないでしょうか。

 

2・真面目

 

さまぁ~ずさんはゆるいとよく言われますし、上記でも書いたようにほのぼのとした雰囲気を醸し出していますが根は非常にまじめと言われています。ライブも定期的に開催していますし(この人気ですごいことです、テレビのさまぁ~ずさんしか知らない人はぜひコントをするさまぁ~ずさんも見てほしいです)極限まで詳細を詰めているそうです。ゆるく見えても

「どこまでが本気でどこかはアクシデント的な笑いなのかな?」

 

と思わせます(いまだに真相はわからないハプニング的な笑いも多いです)
 
3・瞬発力
 
僕らの世代にはバイブル的な番組「内村プロデュース」という番組がありました。そこでさまぁ~ずさん(初期はバカルディ)を見たときは毎回笑って学校でも話していたものです。大喜利が素晴らしいです。瞬間的に言葉をチョイスするセンスは抜群でした。大竹さんは独特の世界観で不条理な笑い、どんどん掘り下げてじわじわ来る笑いを提供してくれましたし、三村さんは一発の破壊力がすごい。この場面にはこの正解しかないという言葉をかぎ分けるセンスはほかにあまりいないですね。よく練られた笑いも楽しいけれど、考えを超えてきません。芸人の魅力はアドリブ力、一瞬のひらめきが予定調和を壊し、爆発的な笑いを生み出すのではないでしょうか?
 
さまぁ~ずさんがとにかく大好きですので、今後もちょくちょく雑文やおすすめDVDなども紹介していけたらと思います。