読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

マイナーだけど、この漫画が面白い!~伝染るんです~

マイナーだけど、この漫画が面白い

吉田戦車伝染るんです

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

 

皆さん、おはこんばんちは、TOMOです。マイナーだけど面白い漫画、第三回は少し変わり種ですが吉田戦車先生の傑作、伝染るんです(うつるんです)を取り上げたいと思います。

あらすじは・・・何と言っていいか、当時としても話題になった不条理な内容の4コマ漫画としか言いようがありません。不条理漫画の走りとして有名ですし。簡単に言うならかわうそ、河童、キノコが織りなすギャグマンガです。

 

ボケがあるにもかかわらず、そこに一切触れることなく

「4コマ終了しちゃったよ!?」

「流すのかよ!」

ってシュールの連続です。今読み返してみても、意味は分かりません。

でも思うのです。「これは面白い」と。「何が何だかわからないけど、面白いんだ」と。「だって笑ってしまうもん」と。

この感覚がAIが犯せない唯一の領域であり、人間の尊厳を保てる最後の砦なのではなんて思ったりもしてしまうのです。コンピューターでは理解できないでしょう、不条理は。だって論理的には破たんしているのだから。でもこの破たんは限りなく面白いです。

 

ここまで書いてきましたが、言葉では説明しきれません、読んでみてほしいです。

最近の不条理漫画なんてまだ優しいです。「すごいよマサルさん」も「クロマティ高校」もまだ突っ込みがいるだけ読者にやさしく描かれています。それに比べて「伝染るんです」の何と不親切なことか!!!そこも含めて面白いのです。「伝染るんです」ってタイトルがいいですね、秀逸です。じわじわ癖になる笑いです。

 

ちなみに東京のレストランで働いていた時に吉田戦車先生が店にいらしたことがありますが、普通の方でした(ちょうど先生のエッセイを鞄にいれていたのでサインをいただきたかったけど、働き始めたばかりの店だったし、失礼かと思い言えませんでした、今でも後悔しています。涙)

エッセイもすごく面白いです、空いた時間にちょこちょこ読みやすい構成になっています。

 

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

 

 

吉田自転車 (講談社文庫)

吉田自転車 (講談社文庫)