読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

マイナーだけど、この漫画が面白い!~シンプルノットローファー~

マイナーだけどこの漫画が面白い

衿沢世衣子:シンプルノットローファー

 

皆様、毎度お世話になっております、TOMOです。今回は衿沢世衣子さんの「シンプルノットローファー」を取り上げてみたいと思います。

シンプルノットローファーは衿沢さんがクイックジャパンで連載していた女子校を舞台にした作品です。衿沢先生が描く女子高生はシンプルな線ながら非常に魅力的で、個性が際立っています。しゃべり方、性格、好み、皆それぞれ違っている、もちろん違っていいんですが、長いストーリー漫画でもなければエピソードのない本のチョイ役に至るまで徹底しているところに愛というか戦略というかを感じますね。キャラクターに思い入れがないとできませんし、作りこんであるからいつでもそのキャラクターで一本話が書けそうです。

内容は女子高生の学園生活を描いたものなのですが、例えば活発な子が凧を見つけ

「よっし、屋上のカギ開けてもらおう!」

「あ、でも糸がないわ。調理部でハム縛る紐もらって来ようよ!」

みたいな、若さというその一瞬を切り取った漫画です。ですのでかっこいい男に恋をしてとかドロドロの恋愛とか、陰湿ないじめとかそういったものは皆無で、そこにあるのはただただ純粋な思いだけなのです。

 

「女子校ってこんななのかなぁ」と思いをはせます。自分は共学だったのですが、共学の学校にはこのエネルギーはないと思いますし、このノリも女子校ならではで、男子校にもないのではないでしょうか。

 

「その時その時に全力で楽しむ」

これがこの作品の一番の主題ではないかなと思うのです。

 

いつごろからか、大量に出回るバトル漫画やサイコ漫画に疲れてこういった日常を淡々と描く漫画に救いではないけれど、シフトしていく自分に気が付きました。漫画の中では考えることを放棄し素直に現象を受け入れるのもありだと最近思うのです。

 

もちろん深い作品は大好きですし、バトル漫画なんかも読みますが、疲れているときにサクッと読めて、くすっと笑える、そんな作品を自分なりにストックしておくのも悪くないです。全一巻なのでおうちに置いておいてはいかがでしょうか?