日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

自分で捕って、自分で食べるって、究極の贅沢だ~山賊ダイアリー~

現代日本において獲物を狩るということ

岡本健太郎山賊ダイアリー

 

自分の住む石川県金沢市も、中心をちょいと離れればそこは山山山。僕の住む家の周りにもイノシシ注意の看板があるし、通っていた大学のグランドにはクマが出たこともあるくらいに、人と獣の住む場所が近いです。私生活でもジビエが好きな僕は漠然とですが狩猟にも興味があります。

 

そんな自分に知りあいのシェフが勧めてくれた漫画が今回紹介する『山賊ダイアリー』なのです。

 

作者の岡本さんは漫画家である前にハンターなのです。『山賊ダイアリー』ではそんな岡本さんが銃を買いに行くところから狩猟免許をとりにいく、仲間と狩猟に出かけるところなどなど、僕らの知らない狩猟の世界を入り口から疑似体験させてくれます。これさえ読めば狩猟免許の取り方も猟銃免許の取り方もばっちりです。

狩猟のシーンも詳細に描かれており、初めて鳥を仕留めたところから、解体の仕方、調理して食べるところも描かれ、さらに大型の獣、鹿、イノシシをとらえたときの喜びだけではなく一つの命を奪うことが正しいのか否か、命を奪うことの葛藤なども描かれており、『食』という一事を考えるのに適した参考書ともなりえます。

 

さらに、狩猟期以外では川にウナギを釣りに行く、すっぽん釣り、鮒釣り、ザリガニ捕り、山菜採りなどなど、サバイバーだなぁと感心させられます。しかし日々の遊びが食となり、糧となるというシンプルな営みにあこがれる自分が確かに感じられます。漫画は明るい感じで淡々と描かれていますが、哲学的な問いを突き付けられているようです。僕はそれこそ飲食店で働き、食べ歩きも好きなので、特に考えさせられました。今年来年あたりに自分も岡本さんのような生活を少しでも追体験できればと計画しております。

 

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)