日刊TOMOTOMO

気になるモノ.・コトを雑文で

ランバラルとは関係ありません~ブルージャイアント~

第一部完結

石塚真一:ブルージャイアン

 

直訳すれば「青い巨星」、昔のアニメも好きな私は

 

『ランバラルさん...』

 

と考えてしまいましたが、全く関係ありません。石塚先生の漫画『ブルージャイアント』はジャズ漫画です。

 

あらすじは高校生の宮本大は仙台に住む高校生。中学生の時に友人に教わったジャズのとりこになってしまいます。友達が家庭の事情でピアノをやめても、バスケ部を一生懸命やっていても、雨の日も風の日も、一人で毎日サックスを吹き続けます。

 

「世界一のジャズプレーヤーになるにはどうすればいいか」

 

一本気な大は真面目にそう考えます。その誠実さ、純粋さに心打たれ周りの人々の協力もあり初ライブ、サックスプレーヤー油井さんとの出会い、東京行きなどが次々決まります。東京に行ってからも無理やり居候させてくれる高校からの友人の玉田、そして運命の出会いとなる雪祈(ユキノリ)からの誘いなどドラマチックに展開していきます。

結果、大は玉田、雪祈と組み『JASS』というトリオを結成して物語は進んでいきます。

見どころは主人公、大の成長と出会いです。感動したものに対して、ここまで情熱的に一つのことを信じて邁進するということが果たして今までやれていたのか、一時心を動かされても人はうまくできなければすぐに飽き、例えば新たなモノへの興味や、進学就職などの環境の変化に負けてしまうものだと思います。ましてや主人公の大は田舎ではないけれど地方都市である仙台の普通の学生、しかも音楽の経験も皆無のところから世界一になることを疑いもなく信じ、一人黙々と河原で、雨が降ればトンネルで毎日毎日一人きりでサックスを吹き続けるのです。それはあるいは狂気にも似ていますが、そういう大をすごいと思うしうらやましく思います。年を取ったからか、そんな若さあふれる彼がすごくキラキラして見えます。若い人も読んでほしいですが、30代くらいの人にこの純粋な物語を楽しんでいただきたいと心から思います。

 

全10巻で読みやすく、続編も始まりました。読み始めるには絶好の機会です。